【久米島産】乾燥モズクを料理してみる

久米島漁業協同組合さんから
乾燥もずくのサンプルをいただきました

生のもずくが手に入ったら必ずつくる、

モズク卵焼きをつくてみました。
まずパッケージがこちら
香り豊かな海の幸!

当然です

が、かるーい!もずくシート(?)が二枚はいっています

 

 

 


これでどれくらいの量できるのか皆目わからず・・
まずは、一枚の3分の1を水につけてもどします
こんなかんじ。
お湯で戻せば早いとはおもいましたが、急ぎでもないので・・。でも10分も置いておくと、水分を含んでモズクになりました!

 

 

けっこうギュッと絡み合っていて、
手でほぐすとさらにぼわっと量が増えたかんじがしますよ。

卵2個で作ろうとしていたので、
これだとちょっと多いという感じ。
やはり乾燥もずくって、すごい・・

 

 

 

ほぐしながら卵とまぜます。
ここでおどろいたのが、生のもずくと混ぜ合わせた時のように、泡立つんです!卵が!これがフコイダン??
(よくわかってないけど)
乾燥だから、と思ってましたが、この段階で、もう生です!このモズク

 

 

さて、卵焼き用の四角いフライパンでこんがり、ふんわり焼き上がりました。
泡だった分だけ、ふんわりするんでしょうかね??

当然あわせるのは、久米島の久米仙っすよね!!

もずくって生で買ってきて冷凍すると、解凍もどっさり出来てしまって、使い勝手が悪いんですけど、これなら使いたい分だけ使えますし、黙って出されたら乾燥の戻しとは思えないです!
皆さまも是非どうぞ!