映画 関ヶ原 感想 ネタバレ?

2017年8月26日 公開の 映画「関ヶ原」
観にいてまいりました。目当ては岡田准一君ですが

一言で言いうと・・・

「難しいだろ、これ!!」
学校で日本史を選択した上で
さらに大人になっても最近の歴所ドラマを観ていても飽きないタイプじゃないと、、無理!!
某大河ドラマで話題になった、一瞬の扱いの「関ヶ原の合戦」の逆を行く作品です。
最近の戦国ものは、本能寺の変までか、この関ヶ原までか、どちらかの、その戦までの人間模様が描かれることが多かったんですが、
これは久々に「戦」に焦点を当てたものでした。

ああ、ほんとの戦って、これのもっとひどいやつなんだろうね

と思わせるリアルな戦風景でした。

あまり書くと、ネタバレになるので直前までね

岡田君 美しい、が、若干マイクの集音の都合か、カツゼツが悪い
平岳大 お父さんのDNAですぎ・・・!もうお父さんそのものです!
主役級をもってってます
東出昌なんとかさん・・ 強い役柄はいままで???大根??と思ってましたが                    小早川秀秋役  超適任 これまでのbets 小早川!

役所宏司さん・・・家康 流石!

あとは・・・事前にぜひキャストをチェックしておかないと、誰が誰をやてるのかわかりません。。

普通歴史物って、誰かに感情移をしやすくなっていたり、歴史的敗者の肩を持ちたくなってくるようになってたりするんだけど、ぜんぜん・・ない!
詳しい解説もない!!
凄いスピードで事件が続いていくので、下知識がないと、

「あ、これははしょったな」
とか思えないと、頭がついてきません・・

久々日に自分の歴史知識をフル稼働させて映画でした・・

これから行く方、ぜひ日本史の教科書を復習くださいまっせ!